▼ その他営業駐車場

 専用駐車場は月極契約駐車場含まれますが、それ以外としては、社用や店舗、事務所等(社員や関係者)の専用駐車場があります。 これらについては特に述べるところはありません。

 

さて、付置義務駐車場というのは、
① 特定用途: 百貨店、劇場、映画館、ホテル、飲食店、病院その他大型店など、集客施設をさします。
② 非特定用途: マンション等集合住宅
の2種類の用途別について設置を義務付けた駐車場のことを言います。

 

 付置義務とは、例えば特定用途の場合、「ある一定規模以上の店舗を建てたいと計画したとき、その規模に応じた一定数以上の駐車場を施設に併設しないと、店舗を建ててはいけませんよ。建築を認めませんよ。」と自治体が都市計画法の中で定めた条例をいいます。

 

 一定規模以上とは、延床面積1,500平米以上の(例えば店舗)であれば、200平米ごとに1台の割合で来客用駐車場を設備しなければなりません。 また、非特定用途施設の場合、延床面積2,000平米以上のマンションは300平米ごとに1台の割合で入居者用駐車場を設備しなければなりません。

 

 条例ですから各自治体によって細則が違うかもしれませんが、骨子はほぼ同等ですので、
東京都の付置義務条例」を、 ご興味のある方は参考にしてみてください。

 

また、マンションの駐車場に関しましては別項で述べることにしますが、マンション等集合住宅の駐車場付置義務に関しましてはこちらをご参照ください。
(弊社が札幌市に所在しておりますので)

 

→ 札幌市共同住宅等における駐車施設設置に関する指導要綱